ED治療薬「タダシップ」

「タダシップ」は、イーライリリー社が製造販売するED治療薬「シアリス」のジェネリック医薬品です。
赤いパッケージが印象的な商品でもあります。
まず、「ジェネリック医薬品」とは何でしょうか。
これは後発医薬品とも呼ばれ、安全性や有効性が先発医薬品と治療学的に同等であると承認されたものです。
開発費用を安くおさえることができるため、先発医薬品よりも低価格で購入することが可能です。

次に、「購入の仕方」についてです。
これは、インドのシプラ社が作ったジェネリック医薬品です。
日本では認可が下りていないため、個人輸入で購入するしかありません。
個人輸入といわれると英語や決済方法などの不安があるかもしれませんが、あなたが必要とする薬を海外から安く輸入してくれる輸入代行会社も多く存在しています。
輸入代行を利用すれば、他の通販サイトで商品を購入するのと同様に薬を手に入れることができます。

つまり、輸入という言葉に身構えなくても大丈夫なのです。
最後に、「薬の効用」について詳しくお話します。
この医薬品には、タダラフィルと呼ばれる有効成分が含まれます。
タダラフィルは、陰茎の海綿体における平滑筋の緊張を緩和し、血流を改善します。

バイアグラやレビトラ等、他のED治療薬とは異なり、食事の有無に関わらず服用が可能です。
デートには食事がつきものですから、食事の影響を受けにくいことは嬉しい効果です。
投与後、36時間にわたって勃起機能改善効果があり、余裕をもって性行為を楽しむことができます。
また、タダラフィルは局所的に作用するため、性的な刺激がなければ勃起しません。
性欲を増進させる効果もありません。
つまり、「日曜の夜に性行為に励み、月曜の朝まで勃起がおさまらない…」という心配も必要ないのです。
さらに、副作用が他の薬と比べて軽いことも人気の高さにつながっています。
タダシップの「使用方法」を記述します。
はじめは、1回10㎎の使用からはじめます。
効力が感じられない場合には、1回20㎎まで増量することが可能です。
もちろん、薬なので使い方には気を付けなければなりません。
「ニトロ」と呼ばれる薬剤と併用するのは危険です。
ニトロは、テープや軟膏、注射、飲み薬等の様々な剤型が存在するため、使用の有無については必ず確認してください。
お酒との併用は、適度の量ならばリラックス状態を促し、スムーズな成功につながります。

しかし、お酒に弱い人は少々気を付けた方がよいかもしれません。
お酒も薬も血管を拡張させ、血流を増加させるものであるため、全身の血流がオーバーヒート状態になって薬もアルコールも体中にまわってしまう恐れもあります。
深酒には気を付けましょう。

インターネットで少し検索してみると、利用者の声がたくさんでてきます。
「ジェネリックだから…」や「薬の副作用がこわい…」等と心配する必要はありません。
まずは、試してみてはいかがでしょうか。
用量・用法をしっかりと守り、日々の生活をより有意義なものとしましょう。

Comments are closed.