第3のED治療薬シアリスのジェネリック「タダシップ」

シアリスはバイアグラ・レビトラについで三番目に開発されたED治療のための専門薬です。
従来販売されていたバイアグラやレビトラには、食事の影響を受けやすいという特徴がありました。
このため服用する男性にしてみれば、食事もそこそこにムードを壊さないうちに性行為へ、というプレッシャーがどうしてもありました。
シアリスの薬効成分はタダラフィルですが、このタダラフィルには体内で吸収が済めばその後は飲食の影響は受けにくいという特徴があります。
またバイアグラやレビトラと比較して、個人差はあっても一般的に薬の効果が持続する時間が長めの薬です。
このため、焦りやプレッシャーから多くの男性が解放され、持続時間の長さでも「週末の性生活を存分に楽しめる」という意味合いから欧米などではウイークエンドピルなどと呼ばれて大人気となっています。
さて医薬品には、新薬とジェネリックというカテゴリがあります。
新薬はその名前の通り初めて開発されて市場に出ている薬で、先発医薬品とも呼びます。
新薬には特許期間があって特許が有効な間は他メーカーは同じ内容の薬を製造することはできません。
でも特許期間が切れますとその限りではなく、こうして製造されるのがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言います。
新薬とジェネリックの一番の違いし製造のコストです。
新薬は企画して開発、研究、治験、臨床と多くのプロセスを経て初めて医薬品として承認されます。
これに対してジェネリックの方は既に製造方法のわかっている薬を製造するのでローコストです。
つまりジェネリックなら同じ内容の薬が安価で販売されるということになります。
ED治療を長期にわたって続けることができない、またその理由として経済面をあげる人は大勢いらっしゃいます。
つまり新薬のED治療薬は大変高価であるということです。
経済的な事情でシアリスを使ったED治療を続けるのが困難ということであれば、ジェネリックの医薬品を使うのもひとつの方法です。
シアリスにも後発薬つまりジェネリック医薬品があります。
タダシップという薬がシアリスのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社であるサバメディカ社が製造しています。
ちなみにインドにはジェネリック医薬品を製造するメーカーがたくさんあります。
これにはインドの特許システムが背景にあります。
インドには成分特許の仕組みがないので同じ成分で製造した医薬品もジェネリックとして承認され、世界中で大きなシェアを占めているという仕組みです。
さてタダシップはシアリスの後発品ですから、当然成分や内容もシアリスと同じで、シアリスの有効成分タダラフィルが含有されています。
食事の影響を受けにくく、効果がバイアグラやシアリスに比較して長めという特徴も同じです。
一方医薬品である以上はどんな製品でも禁忌や副作用について知っておく必要があります。
タダシップについても同じで、シアリス同様ニトログリセリン系の薬を使っている人には禁忌とされます。
もちろん、医師の処方や指導を守って使用すれば安全に性生活を楽しむことができます。

Comments are closed.